News & Trainings

IRI/BBT グループ代表の藤原洋氏がアドバイザリーボードメンバーに就任

2019.04.08NEWS

株式会社インターネット総合研究所(東京都新宿区/以下「IRI」といいます。)の代表取締役所長であり、株式会社ブロードバンドタワー(東京都千代田区/以下「BBT」といいます。)の代表取締役会長兼社長 CEO などを務める藤原洋氏(以下「藤原氏」といいます。)が、このたび、Strategic Cyber Holdings LLC(米国デラウェア州/以下「SCH」といいます。)のアドバイザリーボードメンバーに就任いたしましたので、お知らせいたします。

藤原氏は、インターネット黎明期からの豊富な実績・経験、サイバー環境や IT に関する幅広く高い見識を有しており、これらの分野における有識者として、これまでに数々の要職を歴任しております。また、同氏は第 4 次産業革命が進展するなかで、国内産業の IoT・AI 技術を適用したビジネスモデルへの転換を最重要視し、IRI/BBT グループでは、業界のなかで先駆けて、これらの技術基盤となる5G インフラを活用し、第 4 次産業革命を先導するテクノロジー環境を提供しております。さらに、同氏は日本のサイバーセキュリティを中心とするテクノロジー・パートナー国としてイスラエルとの連携を重視しており、IRI の持株会社として Internet Research Institute Ltd をイスラエルに設立し、2018年 8 月にアジア企業初のテルアビブ証券取引所への株式上場を実現させました。

SCH のアドバイザリーボードメンバーには、有識者として 2018 年 5 月にデイビッド・ヘラー氏※1が、同年 8 月にフランク J・シルフォ氏※2がそれぞれ就任しており、これに藤原氏が加わることで、第 4 次産業革命を契機とする飛躍的な成長に向けた有益な助言や、サイバーセキュリティ事業との親和性の高い IRI/BBT グループとの連携強化等が期待でき、SCH の事業基盤がさらに強化されます。

なお、本件と並行して、IRI と SCH 及びサイバージム間において、本日付でサイバーセキュリティ専用トレーニング施設「ハイブリッドアリーナ(東京都新宿区)」の共同運営等にかかる諸契約を締結しております。この共同事業にはBBT も参画し、当事者間の連携による事業拡大を目指します。

 

藤原氏略歴
藤原 洋(ふじわら ひろし)氏
1954 年福岡県生まれ。1977 年京都大学理学部卒業。東京大学工学博士(電子情報工学)
<現職>
(株)ブロードバンドタワー 代表取締役会長兼社長 CEO
(一財)インターネット協会 理事長・IoT 推進委員長
(株)インターネット総合研究所 代表取締役所長
(株)ナノオプト・メディア 代表取締役社長
慶應義塾大学環境情報学部特別招聘教授、SBI 大学院大学副学長

<主な経歴>
日本アイ・ ビー・エム(株)、(株)日立エンジニアリング、(株)アスキーを経て、1996 年 12 月(株)インターネット総合研究所を設立。同社代表取締役所長に就任、2008 年 7 月(株)ナノオプト・メディア 代表取締役社長に就任、2012年 4 月(株)ブロードバンドタワー代表取締役会長兼社長 CEO に就任。現在、(一財)インターネット協会理事長、慶應義塾大学環境情報学部特別招聘教授、SBI 大学院大学副学長を兼務。2011 年 4 月独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学評議会評議員、2013 年 12 月総務省 ICT 新事業創出推進会議構成員、2014 年 1 月同省電波政策ビジョン懇談会構成員、2016 年 10 月同省新世代モバイル通信システム委員会構成員(現任)、2018 年 12 月同省デジタル変革時代のグローバル ICT 戦略懇談会構成員(現任)に就任。

<代表著書>
1998 年『ネットワークの覇者』日刊工業新聞社、2009 年『科学技術と企業家の精神』岩波書店、2010 年『第4の産業革命』朝日新聞出版、2014 年『デジタル情報革命の潮流の中で~インターネット社会実現へ向けての 60 年自分史~』アスペクト、2016 年『日本はなぜ負けるのか~インターネットが創り出す 21 世紀の経済力学~』インプレスR&D、2018 年『全産業「デジタル化」時代の日本創生戦略』PHP 研究所、『数学力で国力が決まる』日本評論社、他多数。

※1.デイビッド・ヘラー氏(Mr. David Heller)
イスラエルの大手ベンチャーキャピタル、Vertex Ventures Israel のゼネラルパートナー。日本の投資家向けのイスラエルで最初のベンチャーキャピタルファンドの設立及び運営の経験も持ち、イスラエル国内外でベンチャーキャピタル投資の分野で 20 年以上にわたり広範囲に活躍。エルサレムのヘブライ大学で法学士を取得後、イスラエルでは法律事務所のパートナーとして、M&A 取引を専門とし、アジア関連の取引担当を務めた。また、京都大学で法学修士を取得後、日本の弁護士事務所にも在籍。

※2.フランク J・シルフォ氏(Mr.Frank J.Cilluffo
米国ジョージワシントン大学アソシエイトヴァイスプレジデント兼サイバー&国土安全保障センター長。元米国国土安全保障担当大統領補佐官。また、米国大統領諮問委員会(National Council of Advisors)議長のほか、国家安全保障諮問委員会をはじめとする米国政府及び非営利団体が主催するさまざまな国家安全保障関連委員会の委員などの要職を歴任。

Follow Us

Scroll to top
Skip to content